沿革|児童養護施設 仙台天使園

社会福祉法人 ロザリオの聖母会 児童養護施設 仙台天使園

沿革
社会福祉法人 ロザリオの聖母会 児童養護施設 仙台天使園
HOME > 沿革

沿革

昭和8年(1933)4月
東北地方を襲った冷害のため、貧困と夫の死により4人の子女を身売りさせる寸前にあった婦人の窮状を救うために、聖ドミニコ女子修道会によって創設される。
昭和20年(1945)7月
第二次世界大戦中の仙台大空襲により園舎全焼
昭和22年(1947)1月
保護施設認可
昭和23年(1948)4月
児童福祉施設認可
昭和41年(1966)3月
社会福祉法人ロザリオの聖母会を設立し、従来の宗教法人立から移管
昭和42年(1967)5月
創立35周年記念事業として仙台市青葉区角五郎へ園舎新築
定員を60名から100名に変更
昭和58年(1983)4月
定員を80名に変更
平成5年(1993)4月
創立60周年
平成18年(2006)3月
新園舎(仙台市太白区茂庭台)に移転。
平成25年(2013)4月
創立80周年
新園舎
新園舎

養護方針

仙台天使園
キリスト教的世界観、人間観を土台として、次のような子どもを育てる。

・祈り、感謝することの出来る子供
・明るく、美しい心を持った子供
・自主的に責任を持って行動できる子供
・困難にもくじけず、正しく生きて行かれる強い子供

天使園園歌

仙台天使園ブログ

仙台天使園だより

さくらだより

仙台天使園へのお問合せ

pagetop